ドゥ・ラ・リュミエール

英語や自分の考えていることを書いていきます。

会社を辞めたら人生終わりだと思うのは視野が狭すぎる!

f:id:penser:20200710101427p:plain


 「会社を辞めたら人生終わり…もう生きられない…」

 みたいな人いるじゃないですか。

 特に日本で。

 

 これ、マジで違和感を感じるんですよ。

 なんで会社を辞めたぐらいで人生が終わるのかが全く理解できない。

 でも、日本という世間体を超絶気にする国だとなぜか「会社を辞めたら人生終わる」みたいな謎の思想を抱いてしまう傾向があるんですよねぇ。

 

 ということで今日は会社を辞めても人生は終わらないぜ!ということを書いていきます。

 

会社を辞めても人生は終わらない

 まず当たり前すぎることを言いますが、会社を辞めたところで人生は終わりません。

 会社を辞めても人生は寿命まで続きます(自殺しなければ)。

 それ以上でもそれ以下でもないです。

 

 もし会社を辞めて人生が終わりなら、私の人生とっくに終わってます。

 私は過去に何度か会社を辞めましたが普通に生きてます。

 人生終わってません。

 

 嗚呼…。

 

 というわけで私の例からもわかるように会社を辞めたところで人生は終わるはずもなく、寿命までひたすら続いていくのです。

 

会社を辞めたら人生終わりだと思ってしまう理由

 そうは言っても、多くの人は会社を辞めたら人生終わりだと思ってしまうようです。

 一体なぜなのでしょうか。

 それは、

 ・会社以外の世界を知らない

 ・世間体を気にする

 ・収入がなくなるという不安

 この3要素があるから、会社を辞めることに恐怖を感じてしまうのではないかと思います。

 

会社以外の世界を知らない

 会社を辞めると人生終わりだと思っている人は、会社以外の世界を知りません。

 自分が勤めている会社以外の世界はどうなっているかわかっていないのです。

 

 だから自分の勤めている会社の世界こそが全てだと思ってしまう。

 「そんな大げさな!」と思っている人もいるかもしれませんが、それだったら「満員電車に乗る」のは当然のことなのでしょうか。

 「通勤に時間をかける」

 「長時間労働は当たり前」

 1つの会社に勤め続けていると、知らず知らずのうちに理不尽なことが当たり前だと思ってきてしまいます。

 

 通勤に時間をかける必要がない会社やちゃんと労働時間を守る会社があるのにもかかわらず。

 

 なんだか話が逸れてしまいましたが、自分が働いている会社以外のことを知らないがゆえに、周りのみんなが「会社を辞めたら人生終わりだよ。もう社会復帰などできないよ」と言っていることを信じてしまい、ズルズルと会社続けてしまうのです。

 

 もし、「会社を辞めた後の世界」を知っているのなら、冷静に判断できるものを、その世界を知らないがゆえに会社を辞めたら人生終わりだと思ってしまう。

 

 ある意味では「無知の知」(適当に言った)と言えるでしょう。

 

世間体を気にする

 世間体…

 日本人はやたらと世間体を気にします。

 「無職だったら周囲から冷たい目をされる」だとか「実家暮らしでニートだったらバカにされる」とか。

 

 だから、働くことによって肩書を持つ。

 「大企業の社員」とか「公務員」とか「官僚な」など。

 

 世間体を気にするので、無職になる(=会社を辞める」ことができないのです。

 

収入がなくなることへの恐怖

f:id:penser:20200625182436p:plain

 これは結構大きいかもしれないです。

 会社を辞め、収入がゼロになり、貯金が減っていく状態を見れば、確かに会社を辞めたら人生終わりだと思ってしまうのも無理はありません。

 

 私も会社を辞め無職になった時は日々減っていく貯金(というかクレジットで一気に金が引かれる)を見ると、恐怖まではいかないまでも不安な気持ちになりました。

 

 当たり前ですが、貯金がゼロになってもそれで死ぬわけではありません。 

 でも、金がなくなるというのは確かに不安になります。

 

 だから、会社を辞める時は、貯金をある程度貯めてから辞めたほうがいいと思います。

 目安としては、だいたい50万円前後ぐらいですね。

 で、失業保険を受けれるなら受ける。

 

 また「住居確保給付金」という(市町村ごとにルールが変わってきますが)、3か月間家賃を支給してもらえる制度があります。

corona-support.mhlw.go.jp

 

 これらの制度を利用して、金に怯えず無職ライフを満喫しましょう!

 

 将来会社を辞めようとしている人は酒やタバコは控え、ギャンブルやえちえちなサービスを受けるのはやめましょう。

 

会社を辞めるメリット

 ここからは会社を何度か辞めた経験がある私が、会社を辞めることのメリットを書いていきます。

 会社を辞めたことがない人の参考になるのではないかと思います。

 

ストレスから解放される

 会社を辞めることで、ストレスから解放されます。

 人間関係、長時間労働、責任の割りに給料が低い仕事、満員電車など。

 

 会社を辞めると上記のようなストレスから解放され、日に日に気分が良くなっていき、健康状態も良くなっていきます。

 睡眠の質も上がってきます。マジで。

 

 会社を辞めることでいかに自分がストレスに苛まれていたかがわかるでしょう。

 「明日は月曜日か…」という「サザエさん症候群」もなくなり、毎日快適に過ごすことができます。

 

自分のために時間を使うことができる

 会社を辞めることで24時間好きなように時間を使うことができるようになります。

 朝は好きな時間に起きれますし、メシも好きな時間に食うことができる。

 金に余裕があれば、旅行もできますし、会社勤めをしていたならば無理なことができるようになります。

 

 今までどれだけ自分のために時間を使えていたでしょうか?

 全然自分のために時間を使えていなかったはずです。

 だって8時間の労働に通勤もあり(リモートワークなら別ですが)、ロクに時間なんてなかったはずです。

 

 今まで使えていなかった時間を自分のために使いましょう。

 

スキルアップの勉強ができる

 会社を辞め、自分の時間ができることで、スキルアップの勉強をすることができます。

 プログラミングでもいいし、資格の勉強でもいいし、語学の勉強でもいい。

 自分が興味を持っている勉強をすることができます。

 

 これは私の経験ですが、私も無職の時に英語を勉強しまくっていたおかげで、結果として英検準1級に合格することができました。

www.penserblog.net

 

www.penserblog.net

 

 おそらく仕事をしていたら英検準1級取得などムリゲーだったと思います。

 

 このように会社を辞めると、スキルアップの勉強をする時間を確保することができ、興味関心あることにフルコミットすることができます。

 

 英検はあくまで私の例ですが、プログラミングであったり、Webライティングであったり、各々好きな勉強をすることができるのです。

 

 確かに会社を辞めたら、時間ができ、ゆっくりダラダラすることもできますが、ダラダラしつつ、勉強をしてみるのもいいと思います。

 

まとめ

 会社を辞めたら人生終わってしまう…とわけのわからないことを考える人がいますが、人生はそう簡単に終わりません。

 会社を辞めたぐらいで人生が終わるんならとっくにこの地球は滅亡しています(!?)

 

 むしろ会社を辞めることによってストレスから解放されたり、自分の時間ができたり、その時間を活用して勉強できたりと色々とメリットがあります。

 

 会社を辞めたぐらいで人生は終わらない。もう本当にそれ以上でもそれ以下でもないのです。

 

 以上です。