Sakuはゆるく生きる

基本なんでも。

韓国語は難しいのか?

 「日本語と韓国語は似ている。だから韓国語は比較的勉強しやすい」

 と聞いたことがあります。

 私は外国語の勉強が好きなので、ガッツリというわけではないですが、少しずつ韓国語を勉強しています。

 

 韓国語は比較的勉強しやすいのかどうかですが、私にとっては結構難しい。

 何が難しいかって、ハングル文字を覚えるのがしんどい(笑)。

 こういうやつ→감사합니다

 読み方は「カムサハムニダ」(ありがとうという意味)。

 これぐらいならまだいいのですが、文単位になると読めない文字が増え、結構頭を悩ませてしまいます。

 

 今まで英語やフランス語、スペイン語などアルファベット系の言語はそれなりに学んできたので、ヨーロッパの言語は初見の文字でもなんとなく読み方は理解できるのですが、韓国語はそうはいきません。

 ハングル文字に今まで触れてこなかったので、全くなじみがない。

 だから、単語の読み方と文法を同時並行で勉強するとなかなか気が重いです。

 

 まあ文字さえ覚えれば、あとは文法の理解に集中できるのですが、その文字がなかなか覚えられない。

 文法に関しては日本語と語順が似ていて確かに理解はしやすい印象があります。

 저는 학생입니다(チョヌン ハクセンイムニダ)

 上記の文は「私は学生です」という意味なのですが、文構造が「主語+助詞+補語+です」(雑な説明)という構成になっています。

 日本人にとっては理解しやすいでしょう。

 逆に韓国語話者の人からしても日本語は学習しやすいのかなと思います(ひらがなカタカナ漢字を覚えるのは難しいかもしれないですが)。

 

 あとは発音。

 発音は聞き取りやすい。

 というのも、日本語と似ている単語が多いから。

 例えば「新聞」は「신문」(シンムン。「ン」はパッチム)、「約束」は「약속」(ヤクソク「ク」はパッチム)と読み方が似ている単語があります。

 もし、ある程度韓国語の語彙と文法が理解できたら、字幕なしで韓国の映画やドラマの内容がわかりそうな気がします。

 全部は理解できないでしょうが、英語と比べると聞き取りやすいので、韓国語を勉強すればするほど実用的に使えるのではないでしょうか。

 

 以上のことから、韓国語は文字を覚えるのはかなり難しい(一度も韓国語を勉強したことがない場合)というのが私の感想。

 しかし、文字を覚えるというハードルを越えれば、道は拓けてくるでしょう(と絶賛韓国語勉強中の私は信じている)。

 

 ここ数年、日本に来る韓国人は増えているので、ハングルを覚えていると彼ら彼女らとの会話ができるようになり、人間関係の幅が広がっていくでしょう。

 場合によっては仕事などにもつながってくるかもしれません。

 

 最後に私が現在使用している韓国語の参考書です。