パンセ

英語や自分の考えていることを書いていきます。

不幸な人は幸せになることを恐れている

f:id:penser:20200614173826p:plain

 「不幸な人」と検索すると、「不幸な人」関連の情報がめちゃくちゃ出てきます。

 で、記事を見てみると、不幸な人には何かしらの内的・外的要因があり、それによって不幸になってしまう、という感じのものが多いです。

 

 でも、私は、「不幸な人ってそもそも幸せになることを恐れているんじゃないか?」と思っています。

 

 その理由を以下書いていきます。

 

不幸な人が幸せになるのを恐れている理由

不幸な自分に慣れきってしまっている

 不幸な人って、「不幸である自分」に慣れきってしまっているのではないかと思います。

 言葉では幸せになりたいと言いつつも、心の奥底では「オレは不幸な状態がデフォルトだから別に幸せにならなくてもいいぜ!!!」と考えているのではないでしょうか。

 

 なぜそんな状態になってしまうかというと、過去に何らかの失敗体験、挫折経験をしてしまい、それが積み重なりまくって、結果「不幸がデフォルト」になってしまったと考えられます。

 

 積み重ねとは恐ろしいもので、成功体験を積み重ね、幸せな経験をすると(成功体験=幸せとは限りませんが)、「それが当たり前である自分」になり、

 挫折失敗を積み重ね、不幸な体験をし続けると、「不幸がデフォルト」みたいな歪んだアイデンティティを形成してしまいます。

 

 思い当たるフシはありませんか?

 

 そして「不幸がデフォルト」な自分が形成された結果、それが当たり前となり、不幸な自分に慣れてしまうのです。

 

「不幸な自分」からの変化を恐れる

 人間は変化を嫌います

 今の状態が良ければ、新しい状態になるのを躊躇ってしまう、という人は多いのではないでしょうか。

 

 大企業で良質な労働環境に守られたビジネスパーソンがある日退職し、起業をするというのはレアでしょう。

 

 でも!その逆にブラック企業に勤めていて社畜奴隷化しているビジネスパーソンがより良い労働環境を求めて転職をするというケースも少ないです。

 

 このように今の環境→新しい環境に移行する人はわりとマイノリティなんですよね。

 

 で、これを「不幸な自分」に当てはめると、「不幸な自分」に慣れきった結果、新しい自分、つまり「幸せな自分」に変化するのを躊躇ってしまうんですよね…。

 

 まとめると、「不幸な自分」に慣れる→変化を恐れ、その状態を維持し続けようとする、という感じです。

 

幸せになるためにやるべきこと

好きなことに没頭する

 幸せになるためには、不幸になれた自分を変えなければいけません。

 そのためにはまず、好きなことに没頭する必要があります。

 

 なぜ好きなことに没頭する必要があるかというと、好きなことをやっていれば不幸を感じないからです。不幸を感じずポジティブな感情になれます。

 不幸を感じなくなれば、「不幸がデフォルト」の状態からも脱却することができます。

 

自分が勝てる分野を見つける

 幸せになるためのもう1つの方法は、自分が勝てる分野を見つけることです。

 勝てる分野(英語でも数学でも、そもそも勉強じゃなくてもスポーツでもYouTubeでもなんでもいいですが)を見つけ、勝ち続けると、自己肯定感が爆上がりします、

 

 これは私の勝手な考えですが、人の不幸というのはだいたいが勝負事が原因だと思います。

 テストで周りより悪い点数を取れば、強烈な劣等感にさらされますし、野球やサッカーなどの部活でレギュラーを取れなかったorベンチに入れなかったというのは経験した人にしかわからない悔しさがあると思います。

 

 なので、勝負事で自分が勝てる分野を見つけ、勝ちグセをつけ、自己肯定感を爆上げする必要があります。

 

ネガティブな情報を遮断する

 ネガティブな情報を遮断するというのも、幸せになるために必要なことです。

 具体的に言うと、ネットの情報です。

 ネットには、とにかく人を不快にするような情報で溢れかえっています。

 有名人のゴシップであったり、誰がケンカしたとか離婚したとか、ブラック企業がどうのこうのとか。

 

 こんな情報に触れ続けていたら、怒りや憎悪の感情に支配され、肯定的な感情を

持つことができなくなります。

www.penserblog.net

 

www.penserblog.net

 

 ネガティブな情報というのは、人が思っている以上に潜在意識に影響するのでできる限り触れないほうがいいのです。

 

自分を肯定する

 これが最後ですが、やはり自分自身を肯定することが、幸せになるために必要なことだと思います。

 

 不幸な人はとにかく自己否定しまくる傾向があります。

 「オレはダメだ!!!!」

 「どうせ俺なんかできない!!!!」

 「無能な自分がムリゲー!!!!」

 みたいにもうこれでもかというぐらいに自己否定しまくります。

 

 でも、そうやって自己を否定しまくるような人が幸せになるのはムリゲーだというのはもうわかりますよね?

 

 過去の失敗や挫折からそうなってしまったとは思いますが、好きなことをする、勝てる分野を見つける、ネガティブな情報を遮断することを実践し、自己肯定感を爆上げしましょう。

 

 自分を否定する人間が幸せになることは100%ないと言っていいでしょう。

 

まとめ

 不幸な人は、不幸な状態に慣れきっているがゆえ、幸せになれないでいます。

 そのような状態から抜け出すためにも、

 好きなことをする

 勝てる分野を見つける

 ネガティブな情報を遮断する

 自分を肯定する

 という4点を実践していきましょう。

 

 以上です。

www.penserblog.net

 

www.penserblog.net